Home >> 2199 インデックス > 追憶の航海 オリジナル・サウンドトラック 5.1ch サラウンド・エディション【Blu-ray audio】

《 宇宙戦艦ヤマト2199 追憶の航海 オリジナル・サウンドトラック 5.1ch サラウンド・エディション【Blu-ray audio】 》

 (1)コスモタイガー(Wan・Dah・Bah)

 オリジナルメロディーは、『新たなる旅立ち 音楽集』に収録の「新コスモタイガー」。この曲をワンダバにアレンジしている楽曲。収録タイムは、2分22秒。

 この曲が誕生したエピソードは、アルバム「ヤマト音楽団大式典2012」に宮川彬良氏のMCにて収録されている。始めは入れるつもりはなかったもののチーフディレクターの榎本明広氏の誰にも止められない強い熱意によって誕生したとのこと。

 ワンダバ・アレンジとなったためか、元々明るいイメージだった曲がさらに明るく軽やかなイメージとなった。「ワンダバ♪」とコーラスの入ってない部分の演奏のみを聞いてもやはり全体的に明るく軽やか。終盤は徐々に音階を上げながら加速度的にキレのよい締めくくりへと盛り上がっている。

 (2)宇宙戦艦ヤマト (Short Size)

 (3)無限に広がる大宇宙

 ご存知「ヤマト」の代表曲にして名曲中の名曲。「ア〜ア〜♪」のスキャットでお馴染み。演奏タイムは1分42秒。スキャットは、Yuccaさん。

 「無限に広がる大宇宙」は、旧作の「オリジナルBGM集」に収録されている通り始めはポップな演奏スタイルだった。ドラムとベースがメインのリズムの効いた演奏。後に「交響組曲」の「序曲」でリズムを極力を抑えたスキャットとストリングスがメインの演奏のものが収録され、以降はこちらがベースとなってシリーズで多く使われるようになった。そのため、改めて「オリジナルBGM集」収録のものを聞くと、リズムのアクセントが前面に出ているためか、速度の早い「無限に広がる大宇宙」というイメージが濃い。

 『2199』のサントラでは、旧作に沿って「オリジナルBGM集」のものに近い演奏のものが収録されている。音の出だしは、旧作よりもクリアーかつくっきりとしたリズムで。ドラムの刻むリズムが旧作よりもくっきりとしているのが特徴で、それを包み込むようにして優雅な音の流れとしているのがYuccaさんのスキャット。スキャットの奏でるメロディーが、リズム主体のこの楽曲を印象的に、そして現代的な雰囲気へとまとめ上げている。全体を通して彬良さんのアレンジが生きている。

 (4)夕日に眠るヤマト (短い)

 (5)美しい大海を渡る (悲しい)

 (6)ヤマトのボレロ

 (7)大河ヤマトのテーマ

 (8)哀しみのスカーフ

 (9)ワープ

 旧作の再現BGM。長距離をあっという間に移動するワープの雰囲気を表現している曲。ワープをする際には異次元へと入り込むため、その特殊で怪しげな雰囲気をピアノとエレキギターが表現している。収録タイムは、51秒。

 旧作と比べると、ほんの少し音に強弱がついて表現力が増しているように感じられる。単調なコードを淡々と弾くピアノの音に若干の強弱が感じられ、ギターの音がほんの少しだけ柔らかくなった感じ。

 (10)宇宙の静寂

 (11)ファースト・コンタクト

 新作BGM。決まったフレーズを音階を変えながら繰り返し演奏している緊張感のあるBGM。収録タイムは、1分49秒。

 旧作とは異なったテイストの「2199」らしい雰囲気を表現しているサスペンスな曲。シリーズ中、何度も流れておりドラマの盛り上がりを演出した。

 (12)哀しみのヤマト (オーボエのみ)

 (13)大志

 新作BGM。演奏タイムは1分6秒。

 優しくて爽やかなメロディーをゆっくりと繰り返している曲で、キャラクターの心情表現や休憩時のほっとしたひとときに向いているムードのある曲。

 旧作の「ロマンス」と似ており、宮川泰氏が作り続けた「ヤマト」音楽に共通するテーマ「歌心」が、彬良氏の手によって新しく生まれた曲といったところ。父子共演の醍醐味を感じる一曲。

 (14)デスラー登場

 旧作の再現楽曲ではあるのだけど、はっきりと違いの分かるアレンジを施しているため旧作をベースとした「デスラーの登場 2199版」といったところ。収録タイムは1分51秒。

 旧作と同じくピアノ、エレキギターという出だしではあるけれども、最初のピアノの音からして型通りではないため「お。違う」と分かるアレンジ。とはいえ、楽曲の雰囲気は旧作と同じままなので、あの妖しいオーラは引き継がれている。ジャズのようなその場のノリのピアノとギターの掛け合いを楽しめる。

 (15)ガミラス国歌「永遠に讃えよ我が光」

 (16)サスペンス(不信感)

 (17)敵宇宙船の出撃

 (18)探索機発進

 オリジナルの再現曲。収録タイムは1分8秒。出だしの音から「これぞヤマト!」を味わえる「1」を代表するBGMの一つ。

 旧作の演奏と比較すると、旧作ではブラスの音の伸びが真っすぐなのに対し、こちらはやや溜めと揺らぎがあるように感じられること。その分、曲の表情に幅が広がっているように感じられ、ドラマ性が増している。

 (19)星が見えた

 (20)イスカンダルの女

 再現曲。旧作のオリジナルBGM集(6)曲目に収録のものを楽器の響きなどほぼ忠実に再現している。収録タイムは、1分。

 地球にとって未知の星となるイスカンダルを表現している曲で、神秘さの中にも柔らかさと希望が感じられる美しいメロディー。

 (21)美しい大海を渡る

 (22)サスペンスA

 (23)眠れる想い

 (24)膠着する戦闘

 新作BGM。同じメロディーを繰り返す低い弦の音色が印象的な曲。収録タイムは1分18秒。

 タイトルに戦闘と付くと激しい音楽をイメージするが、この曲は這うような低音の弦がゆっくりとしたメロディーを繰り返し、場の行き詰まり感を表現している。

 (25)ヤマト渦中へ

 「宇宙戦艦ヤマト」のテーマを新たにアレンジした曲。通称”ぶんちゃかヤマト”。タイトルの通り戦いの渦中へ、はたまたイスカンダルに向かう未知なる旅路の渦中へを表現している。収録タイムは、1分47秒。

 速いリズムのアレンジとなっているため、困難な事態にもひるまずに進む格好よさが漂っている。速いリズムのアレンジという点は『永遠に』の「未知なる宇宙空間を進むヤマト」と似ているが、曲の雰囲気の異なりに彬良さんらしさが表れているかと。

 出だしのストリングスの駆け上がりが美しく、ブラスと打楽器の響きが勇ましさを加えている。ストリングスの音色が流れるように美しいため、速いながらも上品な響き。「2199」に於けるスマートな格好よさのヤマトが目に浮かぶBGM。

 (26)サスペンスB

 (27)ガミラス国歌「永遠に讃えよ我が光」 (歌無し)

 (28)ブラックタイガー

 (29)ガミラス次元潜航艦

 「永遠に讃えよ我が光 (ガミラス国歌)」のアレンジ曲。低く勇ましいリズムが主体となっており、ブラスがメロディーを奏でている。収録タイムは1分43秒。

 次元潜航艇と言えばフラーケン。フラーケンと言えば次元潜航艇。というくらい艦とキャラが一体となっているガミラスの次元潜航艇のテーマ。キャラと艦は『III』で初登場し、ヤマトを追い込んでガルマン・ガミラスの巨大要塞で艦ごと捕獲するという作戦で大活躍。華々しく十分なインパクトであったが、専用のテーマがなかったためかどことなく脇役感が漂っており、『2199』で再登場した際には、要所要所を抑える働きでガミラスでの重要なポジション振りをアピールし大出世した。潜航して敵の足元を揺るがすという特殊な存在を表現するがごとく、当テーマに於いても少々異彩な勇ましさをまとっている。

 (30)誰もいない街

 (31)絶体絶命

 ピンチに陥ったヤマトの危機感をひしひしと感じさせてくれるBGM。旧作BGMの再現。演奏タイムは54秒。

 バイオリンの鋭く細い高音がピンと張りつめた緊張感を表しており、その音に重なってトランペットの高音が更に緊張感を高め、次に低めのストリングスが入って一つの区切りとなっている。少しずつ音階を変えながら同じパターンを繰り返すことで、ドラマの”何かが起こるのでは”という期待感を高めている。

 (32)ヤマト前進

 第1話の冒頭シーンが目に浮かぶ勇ましいBGM。高速で移動する「ゆきかぜ」が登場し沖田十三提督の率いる地球防衛軍の士気の高さが感じられる、まさに掴みはO.K.のシーン。演奏タイムは、1分15秒。曲は、宮川彬良氏による新作。

 勇ましさの中にも爽快感が宿っており、パンっと入る出だしから要となるブラスの音もすっと流れるように入って来る。全体から感じられるのは、ハーモニーの綺麗さ。そこへ一定に刻むリズムが内なる決意を感じさせている。

 作品の一番最初の音楽がこの曲であったのは、とても重要なことだと思う。『2199』は、『Part 1』のリメイクではあるが、中味をそのまま作り直しているのではなく、現代のテイストを盛り込んだ新作でもあるというのがポイント。音楽に於いても同様で、オリジナルのBGMを再現すると共に作品のテイストに見合った新曲も必要となっている。オリジナルのBGMと並行使用しても違和感のない音楽を一番始めに使用することによって、作品の全体イメージを印象付けるという重要な役割を担っている。そしてこの曲は、見事に期待に応えている。ブラスの奏でる「ヤマトのテーマ」が勇ましいこの曲は、まさしく彬良氏でなくてはなし得なかったであろう曲。第一印象が全てを物語る。が、込められている素晴らしさ。

 (33)艦隊集結

 旧作の再現BGM。ガミラスのドメル艦隊のテーマ。堂々とした威厳の漂う勇壮なメロディーが印象的。収録タイムは、1分28秒。

 この曲は、”ベン・ハー・ヤマト”とも呼ばれているそう。「ベン・ハー」とは、古いアメリカ映画で212分にも及ぶ大作であり第32回アカデミー賞にて各賞を受賞した名作。そのテーマと似ていることからそう呼ばれているとのこと。

 旧作と聞き比べてみると、出だしのタイコの音がやや上品になった感じを受ける。特徴としては、このタイコの音に低音の厚みが付いており、「ドン、ドン、ドン」と鳴るたびに曲全体に勇ましさが増している。まるで地響きを立てて大軍が行進しているかのよう。

 (34)独裁者の苦悩

 (35)哀しみのヤマト

 (36)元祖ヤマトのテーマ

 (37)デスラー襲撃

 劇場作品「さらば」音楽集に収録の曲を再現。デスラーは「1」から登場しているが、曲の登場は「さらば」にて。白色彗星に身を寄せていたデスラーがヤマトに襲いかかるシーンで流れた。「2199」ではストーリーの終盤、地球に帰還途中のヤマトをデスラーが襲うシーンで流れた。収録タイムは、2分42秒。

 メインの楽器であるストリングスのメロディーがほぼ忠実な再現となっていて、出だしの低い弦の音を聞くだけで「デスラー来たー!」とワクワクする響き。違いはリズムのアレンジで、オリジナルでは陽気さを感じるリズムとなっているが、こちらの再現では控えめながらも勇ましさを感じるリズムを刻んでいる。オリジナルでもアクセントとなっていたハープの音色が再現曲でも存在感を示している。

 (38)孤高のデスラー

 (39)帝都防衛戦 (「ヤマト渦中へ」バリエーション

 (40)第二バレラス

 (41)崩れゆく総統府〜希望

 (42)大志(若者よ大志を抱け)

 (43)虚空の邂逅

 (44)美しい大海を渡る (弦)

 (45)哀しみのBG

 (46)碧水晶

 (47)ハーモニカ(真赤なスカーフ)

 (48)地球を飛び立つヤマト

 (49)BLUE

▽ CD ▽
▽楽天ブックスの紹介ページ ▽楽天ブックスの紹介ページ
▽DMM.comのレンタル紹介ページ
▽楽天ブックスの紹介ページ
▽DMM.comのレンタル紹介ページ
▽楽天ブックスの紹介ページ
▽DMM.comのレンタル紹介ページ
▽楽天ブックスの紹介ページ
▽DMM.comのレンタル紹介ページ
▽ 作品 ▽
▽楽天ブックスの紹介ページ
▽DMM.comのレンタル紹介ページ
▽楽天ブックスの紹介ページ