Home >> 2199 インデックス > YRAラジオヤマト Vol.2

《 YRAラジオヤマト Vol.2 》

 データ

発売日:2013年6月26日

第11話 「通常放送Usually」
第12話 「わたしにできること」
第13話 「ラジオをやろう」
第14話 「潜入大作戦」
第15話 「パイロット版を作ろう!」
第16話 「Knokin' On My Door」
第17話 「そしてわたしにできること」
ボーナストラック第2話 「真琴の逆襲」

パーソナリティー:岬百合亜(CV:内田彩)、AU09(アナライザー)(CV:チョー)

 アルバムレビュー

 何の冗談か始まったラジオヤマトの第2弾アルバム。パーソナリティーは、もちろんこの人「みなさんの岬百合亜です!」と、助手兼ツッコミ役のアナライザーの二人。  今回の内容をざっと説明すると、色んな時間帯に放送してみたり、ストレッチをして体を痛めたり、アナライザーのひみつに迫ったり、入院時の怖い体験や寝起きドッキリをしかけたりといったところ。ストレッチに関しては、狭いブースで百合亜嬢が体を動かして腰や背中を「グキッ!」と痛め、手がぶつかって机の上のものを散らかしちゃうといった予想通りの展開が。アナライザーのひみつは、アナライザーが突然緊急モードに入って波動砲発射のカウントダウンが始まってしまうといういきなりのシリアスな展開。入院時の怖い体験では、「鏡」にまつわる心霊現象が語られ、寝起きドッキリでは、同室の原田真琴嬢に寝起き爆破をしかけるというもの。この寝起きドッキリは、百合亜嬢がものすごく楽しそうにレポートしていたのが印象的。しかし、当然真琴嬢の逆鱗に触れ、ボーナストラックで逆襲に遭ってしまうという展開に。

 他にも第13話 「ラジオのゴールデンタイムといえば深夜ですね!」では、Hな話をしようとして「ピーー」という音で消されたり、第15話 「新メニュー始めました!」では、大食堂でのロケでミキサーを使って奇妙な宇宙食を作ったり、第17話 「色々コーナーやっちゃおう!」では、知らないなりに野球とサッカーの解説をして笑わせてくれたりと、今回も行動力抜群の元気はつらつなラジオ番組を聞かせてくれている。冷静なアナライザーのツッコミもナイス。

 百合亜嬢と言えば、霊感体質がもとでユリーシャに体を貸したりして普通の人とはちょっと違う体験をしている人なので、トークを聞いていると妙な面白さがあって楽しい。単なる能天気キャラじゃない感じがちゃんと出てる。彼女の明るさに救われてるリスナー(乗組員)もきっと多いことと思う。ところで、相談メールを送った匿名希望のモテ男って誰?
▽ CD ▽
▽楽天ブックスの紹介ページ
▽DMM.comのレンタル紹介ページ
▽楽天ブックスの紹介ページ
▽DMM.comのレンタル紹介ページ
▽楽天ブックスの紹介ページ
▽DMM.comのレンタル紹介ページ
▽楽天ブックスの紹介ページ
▽DMM.comのレンタル紹介ページ
▽楽天ブックスの紹介ページ
▽DMM.comのレンタル紹介ページ
▽楽天ブックスの紹介ページ
▽DMM.comのレンタル紹介ページ
▽楽天ブックスの紹介ページ ▽楽天ブックスの紹介ページ
▽DMM.comのレンタル紹介ページ
▽楽天ブックスの紹介ページ
▽DMM.comのレンタル紹介ページ
▽ DVD ▽
▽楽天ブックスの紹介ページ
▽DMM.comのレンタル紹介ページ
▽楽天ブックスの紹介ページ
▽DMM.comのレンタル紹介ページ
▽楽天ブックスの紹介ページ
▽DMM.comのレンタル紹介ページ
▽楽天ブックスの紹介ページ
▽DMM.comのレンタル紹介ページ
▽楽天ブックスの紹介ページ
▽DMM.comのレンタル紹介ページ
▽楽天ブックスの紹介ページ
▽DMM.comのレンタル紹介ページ
▽楽天ブックスの紹介ページ
▽DMM.comのレンタル紹介ページ
▽楽天ブックスの紹介ページ ▽楽天ブックスの紹介ページ
▽ Blu-ray ▽
▽楽天ブックスの紹介ページ ▽楽天ブックスの紹介ページ ▽楽天ブックスの紹介ページ
▽楽天ブックスの紹介ページ ▽楽天ブックスの紹介ページ ▽楽天ブックスの紹介ページ
▽楽天ブックスの紹介ページ ▽楽天ブックスの紹介ページ ▽楽天ブックスの紹介ページ