Home > 管理人よりご挨拶

《管理人よりご挨拶》

 【謝辞】

 「宇宙戦艦ヤマト」の音楽に特化したサイトであるにもかかわらず、日々、多くの方にアクセスいただきまして大変感謝致しております。ありがとうございます。

 そして、初めてアクセスいただきました方、ようこそおいで下さいました。同じく感謝申し上げます。

 【「ヤマト」の音楽と私】

 私と「宇宙戦艦ヤマト」の音楽との出会いは、小学生の頃に遡ります。その頃はまだLPが全盛の時代で、お年玉を握りしめて初めて買った「ヤマト」のLPが「ソング・コレクション」でした。このLPを何度も何度も繰り返し聴き、「ヤマト」の音楽の世界へと入って行きました。そしてその後、音楽集を集めるようになり「ヤマト」の音楽へとどっぷりと浸かるようになるのですが、中学生の頃には「完結編」までの全ての音楽集を集めるまでに至りました。

 「ヤマト」の音楽集を全部集めたと言っても、LPとカセットが混在して揃っていたような状態で、私は主に手早く聴くことが出来るようにとカセットを買っていたのですが、友人がLPをくれたり、今となってはどうしてそんなことになったのか覚えていないのですが、母の知人のおじさんがカセットをくれたりと、ありがたく人から貰った状態で子供ながらにして全部揃えることが出来ました。今となっては友人と母の知人のおじさんに感謝です。(今思えば恵まれた子供時代だったと実感)

 「ヤマト」の音楽と私ということでよく覚えているのは中学の時のこと。体育の創作ダンスでは自分たちで「ヤマト」の音楽を編集してテープを作って踊りましたし、週1回の必修クラブの音楽鑑賞では、自分のおすすめの音楽として「FIGHT!コスモタイガー」など数曲を聞きました。思えば私はその頃から「ヤマト」の音楽を広くすすめる傾向があったようです。

 【ヤマトミュージックの記事の傾向】

 主に音楽集の1曲毎のレビューを書いています。分かりやすく言えば「生誕30周年記念 宇宙戦艦ヤマト CD-BOX」に入っている音楽集です。ただし、実際には本編で流れた曲はこの音楽集のみからではないので、それに作品毎に曲数も大きく異なっていますので、補う意味で「ETERNAL EDITION」シリーズに収録の曲についてもレビューしています。ですが、ここでご注意いただきたいのは「1」「さらば」「2」の「ETERNAL EDITION」は、収録曲に映像のシーンのタイトルが付いており、曲自体のタイトルとはなっていませんのでレビューは割愛しています。この辺りをレビューするとなると「このシーンで流れた『無限に広がる大宇宙』は、あのシーンで流れた『無限に広がる大宇宙』とはここが違う」といったような、些細なところにまでついて細かく聞き分けなければならなくなるので、そういったレビューではすぐに息詰まってしまい、せっかくの大好きな「ヤマト」の音楽が苦痛なものとなってしまうので、この辺りのレビューに関しては致しません。(実は「永遠に」でも「暗黒星団帝国」のアレンジの違う曲が多くあってレビューが些か大変だったのですが、これについてはまだ1曲として聴くことが出来たのでレビューすることが出来ました。「1」「さらば」「2」に関してはそれが無理です)

 歌も同様で、「宇宙戦艦ヤマト」の「ミュージカル・アカデミー版」と「ロイヤル・ナイツ版」の違いや、「ヤマトより愛をこめて」の沢田研二さんとささきいさおさんのヴォーカルの違いについてもレビュー出来れば良いのでしょうが、元は同じ曲であるのでその辺の細かなレビューについても割愛しています。

 「ヤマトミュージック」という看板を掲げている割にその辺りの詳しい追求を避けているのは、要は私は「宇宙戦艦ヤマト」の音楽のファンでいたいということであります。ブログをお読みいただけるとお分かりになると思いますが、私は音楽の専門的な知識を持ち合わせていない、ただの「ヤマト」の音楽の一ファンに過ぎません。専門的な理屈を抜きにした心情的な部分で「ヤマト」の音楽を好んでいるので、ファン心理を優先して1つの曲の演奏の違いなどであれこれと区別は出来ないという気持ちを汲んで深く突っ込んだレビューは避けています。その点をご理解いただけますと有り難く思います。

 【オリジナルBGMコレクションについて】

 本当は、全作の「BGMコレクション」についても1曲毎にレビュー出来れば良いのですが、「BGMコレクション」は文字通りBGMな為に1曲毎のドラマ性が薄いので、音楽集好きである私は実のところ「1」以外のBGM集は持っていません。「1」のBGM集は、その後のシリーズのBGMの基本でもあるのでレビューはしていますが、その他の作品のBGM集についてはレビューする予定はいまのところありません。しかし、ブログを始めて以来、BGM集についても聞いてみたいという欲が沸いてきていますので、いずれレビューを書く日がくるかも知れません。…が、定かではないというのが現況であります。

 予定していた分のレビューが終了し、もっと「ヤマト」の音楽に触れたいという気持ちが高まりましたので、「2」以降のBGM集についてもレビューすることに致しました。(2007.07.15追記)

 【おわりに】

 以上、私事を長々と書き連ねまして失礼致しました。一応、管理人からの挨拶のページがあった方が良いだろうと思いこのページを作りましたが、本当はこういったことを申し上げるのは語り過ぎのような気がして気が引けます。できることならサイトをご覧いただいて、そこから主旨を感じ取っていただけましたならこの上ない幸せなのですが、なにぶんにも書き手が未熟な為に色々と不足を感じる方もいらっしゃるだろうと思い、このようなページを作りました。

 ここまでお読みいただきましてありがとうございました。ふつつかな管理人ではございますが、今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

2006年10月21日 ヤマトミュージック管理人 拝