Home >> YAMATO SOUND ALMANAC インデックス > ヤマト・フェスティバル・イン・武道館・ライブ1980

《 YAMATO SOUND ALMANAC 1980-III ヤマト・フェスティバル・イン・武道館・ライブ 》

 アルバムレビュー

 劇場作品「ヤマトよ永遠に」の公開に先駆けて行われたイベントのライブ盤。この年には他にも公開記念クルーズやミステリーツアーなどのイベントが催されており、当時の「ヤマト」の勢いと人気振りが窺えるライブ盤となっている。

 幕開けは、富山敬さんと麻上洋子さんがファンからの手紙を朗読するシーンから。そして「序曲」の冒頭部分が演奏され、お馴染みの「無限に広がる大宇宙…」のナレーションが入り、川島和子さんの「ア〜ア〜♪」のスキャットが響き渡り…という流れで舞台は進行。音楽をメインに作品を振り返るという構成になっており、第1部では『PART 1』を、第2部では『さらば』を、第3部では『新たなる旅立ち』を、第4部にて公開間近である新作『ヤマトよ永遠に』について触れている。合間合間に声優による名場面が演じられ、音楽の演奏と声優の演技とが密着して舞台上で演じられているファンにとって嬉しい内容となっている。

 感動なのは、声優による生の演技。映像をそのままスクリーンに映せば足りるところを、幾人もの声優が出演し生で演じている。これはまさに豪華な顔ぶれであったことと思う。こういった場所での演技というのは、スタジオ内で演じるのとは環境が違ってやり難い面もあったかとは思うが、それを感じさせずオリジナルと同じ演技を生で聞くことができるのはファンとしては本当に嬉しいこと。音楽とマッチした構成も素晴らしく、ライブならではのアレンジの音楽と声優の生の声を味わえる素晴らしい内容になっていると思う。

 第2部のラストで、プロデューサーの西崎義展さんが登場し「もう作らないと言ったのに作ることになってごめんなさい」と謝っているのが印象的だった。ファンの前で直接お詫びをしたかったのだという気持ちが表れており、西崎プロデューサーがいかにファンの気持ちを大事にしているかが分かる謝辞となっている。その後は、『新たなる〜』の説明を経て新作『永遠に』の説明となり、例によってどんどんと饒舌になって行くところが調子の出て来た証しというか特徴。

 コメントで興味深かったのはやはり音楽担当の宮川泰先生とのことで、出会った頃のことから今日に至るまでの長い付き合を滔々と話されているのが、付き合いの深さや音楽に於いてかなり信頼しているといったことが伝わって来てなるほどなぁ…と頷ける内容で聞き応えがあった。

 第4部の『永遠に』の声優の生演技による場面紹介は、古代とサーシャの別れのシーンと、雪がアルフォン少尉の気持ちを受け入れようとするシーン。確かにこの2つのシーンは作品のハイライトであるので興味津々なシーンではあるけれども、何故にいきなりこのシーンなのか…。せっかく富山さんと麻上さんが揃っているのに、このライブ盤を振り返ってみると古代と雪の掛け合いのシーンが一つもないことに気づく…。これはちょっと寂しい…。

 そういったぼやきはさておき、舞台はフィナーレへ。「宇宙戦艦ヤマト」の全員合唱が会場の一体感を盛り上げ、「明日への希望」の演奏が流れる中、西崎プロデューサーの「どうぞみなさん、希望を忘れないでください」のあいさつにて締めくくり。「明日への希望」の晴れやかなメロディーな爽やかな後味となっている。

 データ

□ Disc 1
第1部
 (1)僕のヤマト・私のヤマト ーファンからの手紙ー 富山敬・麻上洋子
 (2)序曲
 (3)誕生
 (4)宇宙戦艦ヤマト ささきいさお
 (5)出発
 (6)真赤なスカーフ ささきいさお
 (7)決戦
 (8)イスカンダル
 (9)回想

第2部
 (1)白色彗星
 (2)英雄の丘
 (3)デスラー 〜襲撃〜
 (4)デスラー 〜好敵手〜
 (5)大いなる愛
 (6)西崎義展あいさつ

■【ボーナストラック】
「ヤマト・カラオケコレクション 2」
(1)ヤマトより愛をこめて
(2)愛の生命
□ Disc 2
第3部
 (1)新コスモタイガー
 (2)ゴルバ
 (3)デスラー
 (4)サーシャわが愛
 (5)西崎義展コメント ー宮川泰のこと、原信夫のことー

第4部
 (1)新宇宙
 (2)暗黒星団帝国
 (3)松本零士あいさつ
 (4)サーシャ 〜出逢い〜
 (5)サーシャ 〜悲しみ〜
 (6)のこされて
 (7)西崎義展コメント ー新作ヤマトよ永遠にについてー
 (8)山口洋子インタビュー
 (9)おもかげ星 堀江美都子
 (10)堀江美都子あいさつ
 (11)阿久悠インタビュー
 (12)星のペンダント ささきいさお
 (13)フィナーレ 新銀河誕生
 (14)フィナーレ 声優、出演者紹介
 (15)フィナーレ 宇宙戦艦ヤマト 全員合唱
 (16)フィナーレ 明日への希望
 (17)フィナーレ 西崎義展あいさつ

■【ボーナストラック】
「ヤマト・カラオケコレクション 3」
(1)愛よその日まで
(2)銀河伝説
収録日:1980年7月24日  収録会場:日本武道館

音楽:宮川泰

演奏:新日本フィルハーモニー交響楽団、原信夫とシャープス&フラッツ、木村好夫、宮下明、羽田健太郎、徳永二男、日色純一、田代マキコ、川島和子、ミュージック・クリエーション

出演歌手:ささきいさお、堀江美都子

出演声優:富山敬、麻上洋子、納谷悟朗、伊武雅之、小林修、永井一郎、仲村秀生、青野武、神谷明、野村信次、上田みゆき、潘恵子、野沢那智、羽佐間道夫
特別出演:阿久悠、山口洋子、西崎義展、松本零士

司会:くり万太郎、白石冬美
▽ CD ▽
▽楽天ブックスの紹介ページ
▽DMM.comのレンタル紹介ページ