Home >> 復活篇 インデックス > DVD・CD・本 情報

《 『復活篇』DVD・CD・本 情報 》

▽ DVD ▽

「Blu-ray」「DVD」「UMD」の3種。2010年6月4日発売予定。2つのエンディングの再生方法しだいで「Blu-ray」か「DVD」かといったところ。
「Blu-ray」

特典は、アナザーエンディング(通常エンディングと選択できるオルタナティブ再生仕様)、宣伝用映像集(特報2種、予告2種、TVCM2種)、各種イベント映像及びインタビュー収録、設定資料スライドショー、描き下ろしイラストのアウターケース付属。初回封入特典として劇場上映生フィルムあり。
「DVD」

特典は、アナザーエンディング(単独再生)、宣伝用映像集(特報2種、予告2種、TVCM2種)、各種イベント映像及びインタビュー収録、設定資料スライドショー、描き下ろしイラストのアウターケース付属。初回封入特典として劇場上映生フィルムあり。
「UMD」

初回封入特典は、劇場上映生フィルム。

▽ CD ▽

「オリジナルサウンド・トラック」

音楽監督に大友直人氏を迎えて製作したサントラ。内容は、ヤマト・オリジナルスコアと、ヤマト・オリジナルスコアにアレンジと新譜を足して新録音したものと、クラシックと、山下康介氏による新曲と、羽田氏による「ヤマト音楽」の遺作となった「『復活篇』のためのシンフォニー」をアレンジして新録音したもの。
「交響曲ヤマト2009」

羽田健太郎氏が遺した唯一のシンフォニー「交響曲ヤマト」の新録音盤。音楽監督・指揮は、大友直人氏。演奏は、日本フィルハーモニー交響楽団。きっちりと繊細かつ流麗に奏でられており、綺麗な演奏。作品の終盤、対カスケードブラックホールで流れた音楽は、「第四楽章 明日への希望 -ドッペルコンチェルト-」。(ただし作品で使用されたのは、1984年初演時のもの…らしい)
「この愛を捧げて」「宇宙戦艦ヤマト2009」

THE ALFEEが歌う『復活篇』の主題歌。「この愛を捧げて」の詞は、高見沢俊彦氏と西赴`展監督の壮絶なやりとりの末に完成したものとのこと。「宇宙戦艦ヤマト2009」は、「宇宙戦艦ヤマト」のロックバージョン。[A][B][C]の3種あり。

 

▽ 本 ▽

「艦船模型スペシャル別冊 HYPERWEAPON2009 12月号」

副監督でありメカニックデザインを担当した小林誠氏のメカのデザインをたっぷりと堪能できる一冊。ロマンアルバムや小説の出版情報がない現時点で、雑誌でありメカ限定ではありますが、この本が『復活篇』の資料集的な意味合いとしての価値は大。

▽ CD ▽
▽楽天ブックスの紹介ページ
▽DMM.comのレンタル紹介ページ
▽楽天ブックスの紹介ページ
▽DMM.comのレンタル紹介ページ
▽楽天ブックスの紹介ページ
▽DMM.comのレンタル紹介ページ
▽ 作品 ▽
▽楽天ブックスの紹介ページ
▽DMM.comのレンタル紹介ページ
▽楽天ブックスの紹介ページ ▽楽天ブックスの紹介ページ
▽楽天ブックスの紹介ページ ▽楽天ブックスの紹介ページ
▽DMM.comのレンタル紹介ページ