Search Box
CATEGORIES
NEW ENTRIES
ARCHIVES
PROFILE
PR


OTHERS
    処理時間 0.081981秒
LOGIN
現在モード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
DESIGN BY
ブログンサポート

当ページは、ウェブサイト「ヤマトミュージック」の「画像展示室」のログ保存を目的とした「ブログ版」です。画像投稿ご希望の方は、「画像展示室」へお願いいたします。




極秘建造日誌5日目

艦橋と主砲ギミックを組み付けました。このあと恐怖のパルスレーザー群があると思うと気が遠くなりそうです。




艦橋裏側の展望台もあります。「オレは逃げるんじゃない・・・必ず帰ってくる!」の場所ですね。しかし艦橋付近のディティールが細かいこと・・・。




ギミック動力部の裏側はこんな配線になっています。説明書には「線を挟まないように」と常に注意書きがあります。模型ではマニュアル作りも大変ですね。




船体と艦橋を組み付けました。徐々に形になってきました。ワクワク・・・。




6連装ミサイルはこんな感じ。あれ??以降に登場したコスモハウンドってどこに格納されてんだ?ヤマトの艦内はブラックホールだ!(笑)




艦首まで組み付けて全体像はここまで来ました。建造中って感じでしょうか。本日は3時間かけて頑張りました。大体1回の作業は2時間程度ですが3時間かけるとゆっくりできます。あ〜男しんしん大人の時間。。。



あ、6連装じゃなくて8連装だ!そういえばこのミサイルってパート1、さらば、2、完結編で登場したのみ!?復活篇ではバリアミサイル撃ってますが潜宙艦戦で普通のミサイル撃っています。即座に使い分けってやつか?



<コメント>

投稿日:2010/10/18(Mon) 17:12 投稿者:管理人@久保田

建造日誌5日目 、ありがとうございます!

艦橋部は小さいので、パーツが細々としていてお作りになるのが大変だとは思いますけれども、でも艦橋部が出来上がっていく様を見るのはワクワクしますですね。

パルスレーザー群の設置、頑張ってくださいませ〜!
そして、そういえば『III』ではコスモハウンドが活躍していましたね。ヤマトって四次元ポケットのごとく色んな物が入ってるんですね〜(笑)。
『復活編』で信濃が入ってるって知った時にはえらく驚きました。

次回も”男の時間”のご報告をお待ちいたしております〜。

| 久保田@管理人 | 02:38 | comments (x) | trackback (x) | しんしん さん |
極秘建造日誌4日目

やっと第4日目なんですが深夜に隠れてやるのは一苦労です。嫁さんが夜勤で出かけた後、子供を寝かせてからと思っていたら自分も寝ていて、いつの間にか深夜0時。しまった!2時間しかない!(嫁さんが帰宅するのが3時くらいなので)というパターンが続いています。とりあえず艦首部分組みました。波動砲は光ってくれるかな?




手前アングルより。
艦首ミサイルのギミックを組むのが面倒くさい!まぁよく設計されている証拠なんだけど・・・。う〜ん、このギミックは要らないかも。(ごめんなさい)




ロケットアンカーがチェーン駆動です!まさかこのギミックが来るとはねぇ〜、さすがです!実際のヤマトは長ーーく太ーーいチェーンをどのように組み込んでいるのかな?(苦笑)




枚数多くなって誠にすいません。
さて、やっと艦橋部に突入です。
てっぺんの艦長室なんですが、よく見て下さい!イスの向こうに艦長室の扉が描かれています。「マジ!?」と驚くのですが、このあたりのはめ込みに苦労しました。クリアパーツは無くしそうでコワイ。。。




1/350は精巧なのですが艦橋部は特に細かいですね。時間が迫ってきたのでとりあえず第1艦橋までです。この写真だけではマヌケな感じですが・・・。それにしてもランナーの切り離し後の処理がどうにも上手くなりませんな。。。(あ〜細かく見ないで)(爆)



<コメント>

投稿日:2010/10/09(Sat) 17:14 投稿者:管理人@久保田

深夜の作業お疲れさまです!(敬礼!)

着々と組み上がっていく様子がとても楽しみです。
写真の枚数は多くなってもO.Kでございますよ!
その分、私の楽しみが増えますです〜。

ロケットアンカーのギミック良いですね!
「完結編」のシーンを思い出します。
ギリギリと巻いて艦体を上げて「コスモタイガー発進!」

それにしてもさすが1/350。
細かな部分までパーツがしっかりあるんですね。
すごい〜。

| 久保田@管理人 | 02:32 | comments (x) | trackback (x) | しんしん さん |
新1/500ヤマト


しんしんさんには目の毒な情報かもですが(^^;

復活編公開当時、新製品がリリースされることはありませんでしたが、実写版とリンクしてということなのでしょうか?今秋、バンダイから新造形の1/500ヤマトが発売されると発表されました。
今まで1/500コズミックモデル(3800円)として発売されていた製品の新世代版という位置づけのようです。
最近、最新版のプラモとしてはDVD特典版の1/700が秀逸なプロポーションと出来を誇っていましたが、通常に販売されたものではなかったし、1/350もあまりに高額で一般向けでなかったという反省もあったのでしょう。(1/350のギミックなしの廉価版を出して欲しいという声も多かったのです)
最新の考証に基づいてつくられた原型を見た限り、パート1のフォルムに近くて私は非常に気に入りました。
もちろん私は…つもりです(笑)
※気になるお値段は8000円くらいになりそうとのことでした。




<コメント>

投稿日:2010/10/08(Fri) 16:21 投稿者:管理人@久保田

情報をありがとうございました!

いや〜これは、心が揺れ動いてしまいますね〜。
1/350はでか過ぎるという人にも1/500は手頃なサイズではないかと思いますし。
ついでに復活篇デザインの模型を出すというのはないのかな…(汗)。




<コメント>

投稿日:2010/10/09(Sat) 02:24 投稿者:しんしん

うわさの新モデルはこれでしたか!
コズミックモデルのスタイルは結構好きなので
今回のモデルにも興味はあります・・・。
しかし1/350を製作したあとで果たして
手が伸びるかと言われれば、、、無理かも(苦笑)
ヤマトもいいけど他の艦船も出して欲しいな〜。

| 久保田@管理人 | 15:52 | comments (x) | trackback (x) | 六連星 さん |
極秘建造日誌3日目


アドバイスありがとうございます。
形になってくると気がはやって焦りがちなので
気持ちを抑えて慎重に進めたいです(・・・でもねぇ)

今回は艦尾部を組み付けました。
補助エンジン、メインエンジンを組み付けましたが
この大きさはやはりスケール感があります。






台座に乗せての艦尾アングル
はやく光らせてみたい!
しかし塗装なしでも十分!の意味がなんとなく分かります。






主翼、外翼などの名称で呼ばれているヤマトの翼。個人的にカッコイイ!と思います。翼を考えた方に拍手!
このヤマトは折りたたみ構造になっていますね。設計者に拍手!






閉じた図。
艦底にあるボタンとバネが連動して開き、格納は手動で押し込みます。しかし成形時の出来映えなのか片方の翼のうちの1枚が上方向に歪んでいて、開くと浮くんですよね・・・平に戻せるのかな?




<コメント>

投稿日:2010/10/03(Sun) 投稿者:管理人@久保田

主翼展開!

いいですね〜。地球を飛び立つヤマトの姿に欠かせないパーツであります。
主翼を広げるシーンと、「主翼収納!」のシーンは地球発進時の好きなシーンであります。

艦尾だけでもヤマトらしさがありますね。
よかよか〜♪




<コメント>

投稿日:2010/10/07(Thu) 18:08 投稿者:六連星

しんしんさん、着々と進行していますね♪
主翼は想像以上に巨大なものなので、そのまま収納するには艦内に巨大な空間が必要になりますよね。1/350ヤマトの主翼格納ギミックはよく考えられていると思います。あれだけ巨大なものが艦内に収まるということは乗員室や武器庫そして中央コンピュータールームにも食い込んでいるのではないかと(笑)
さて1/350の話に戻りますが、大きい部品なのでプラスティック素材だと剛性が不足気味だと感じます。組み上がってから遊ぶ(笑)とよく分かるのですが、あちこち押さえながら展開したり格納したりといった感じでしょうか(^^;;;

| 久保田@管理人 | 15:48 | comments (x) | trackback (x) | しんしん さん |
模型造りのアイテム


なにやら"ヤマトミュージック"らしからぬ投稿内容ではありますが(笑)模型の世界へ入門された方向けに老婆心ながら簡単な手ほどきをさせていただければ幸いです。
まずは模型を作るにあたって揃えていただきたい、もしくはあると便利かつ仕上がりがグ〜ンとアップする工具やアイテムを紹介します。
一枚目の写真、左から順にヤスリ、ピンセット、カッターナイフ、デザインナイフ、ニッパーです。最低でもニッパーとカッターナイフそしてヤスリは欲しいところです。
いずれも模型用の高価な物をわざわざ買うことはありません。ホームセンターや100円ショップで売っているものでも構いません。
ニッパーを使わずにランナーから部品を切り取ったりすると(手でむしり取るのは最悪ですね)大切な部品を損傷してしまう恐れがありますので避けたいところです。






そして写真二枚目、紙ヤスリ(これは耐水ペーパーですが)、プラスチック用液体接着剤(オレンジのキャップ)、プラスチック用流し込みタイプ液体接着材(グリーンのキャップ)です。
紙ヤスリは切り離した部品の切り口をヤスリで軽く慣らした後に使うと表面が滑らかになって仕上がりがキレイになります。
プラスチック用液体接着剤はプラモデル作りの基本です。場所と場合によっては1/350でも使った方が良い場所も…
流し込みタイプ液体接着材は広い面積を接着する際に部品同志を合わせた後に流し込むと、アラ不思議!(笑)隅から隅まで勝手に流れ込んでくれる便利アイテムです。

とりあえずはサンドペーパーとプラスチック用液体接着剤さえあれば用は足ります。






そして三枚目(私のことではありません…笑)
これは最後の最後の仕上げにあると便利でリアルな仕上がりになる魔法のアイテムです。
左からウェザリングマスター(女性のファンデーションのようなもので、綿棒やブラシで擦り付けてあらゆる汚れを再現できます)、スミ入れペン(模型の凹部分の窪みや溝にマジックペン感覚でスミ入れ出来ます。これだけで見栄えが全然違って来ます)、ウェザリングペン(広範囲をより本格的に汚すことが出来ます)
こちらのアイテムは完全に趣味のものなので(笑)お好みでどうぞ!




<コメント>

投稿日:2010/09/27(Mon) 投稿者:管理人@久保田

「ヤマト模型」なんていうサイトでも始めようかな(笑)。

えー模型造りの基本アイテムのご紹介をありがとうございました!
たいへんタメになりました。
プラスチック用液体接着剤は、買いました(汗)。
ニッパーは家にあったのを使っておりまして、ヤスリも確かどこかにあったので引っ張りだして来ようと思います。




<コメント>

投稿日:2010/09/27(Mon) 18:17 投稿者:六連星 様

> プラスチック用液体接着剤は、買いました(汗)。
それはよかったです(笑)
使う前にビンのフチで余分な接着剤をしごいて落としてやると、ハミ出しのないキレイな仕上がりになります。
また、キャップに筆が付いていますよね?その筆の先端をハサミで斜めにカットしてやると、細かい部分から広い面積まで接着剤を塗布しやすくなります。よろしかったらお試しください。




<コメント>

投稿日:2010/09/27(Mon) 20:58 投稿者:しんしん 様

うわっ!ありがとうございます。非常に参考になります。
とりあえず先週末に購入した流し込み接着剤(緑キャップ)とウェザリングペン(グレー)が同じものだったので安心しました。ニッパは電気用の小さいものがあるので使っていたのですが、補助エンジン部の透明ランナーを切断する際に切りすぎてちょっと欠け始めた月のようになってしまいました(げげげ!)ウェザリング等はメカコレの巡洋艦、パト艦を買ってお試し塗装しようかとも思ったのですけど、家にあって放置してある未組み立てのメカニックモデルで試めそうかと思っています。(なんて贅沢な!)これからも参考資料お願いします(^^;




<コメント>

投稿日:2010/09/29(Wed) 23:23 投稿者:六連星 様

>しんしんさん
>透明ランナーを切断する際に切りすぎてちょっと欠け始めた月のようになってしまいました
ランナーから部品を切り取る際、どうしても欲張って一発で済ませてしまいたいと考えがちですが(笑)、いきなり根元からではなく余分なランナーを多めに残して切り離し、二回三回と段階的に処理した方が失敗が少なく仕上がりもキレイになりますよ。
スミ入れとウェザリングの練習をするなら艦体の装甲板の継ぎ目が凹モールドで表現されてるものを使うといいです。メカニックモデル・ヤマトは凸モールドなのでやり辛いかもしれませんね。※凹モールドというのは継ぎ目の線を凹みで再現しているもの、凸モールドというのは継ぎ目の線を凸で再現しています。メーカーがプラモの金型を作る際、凹モールドは手間とお金が掛かるのですが、凸モールドは手間とお金が掛からないという裏事情があるのです。
凹モールドですと実物と同じ表現ですし、スミ入れペンで溝をなぞるだけで簡単にスミ入れが出来るのでラク&リアルに仕上がります。

| 久保田@管理人 | 15:43 | comments (x) | trackback (x) | 六連星 さん |
極秘建造日誌2日目


艦底部、発進口を取り付けました。
このあと補助エンジン組み付けまで進んでいるのですが
時間がなくて撮影はここまでになっています。
大きいだけに強度を保つ設計が精度よくなされていて
すごいな〜と思わずため息です。






模型用の工具がないのでガンプラ友人に借りることにしました。
ニッパ1つでもなかなか値が張りますね。。。






六連星さんが言われるように、接着剤無しで組み立てられるので製作へのハードルが低いことが購入動機のひとつでもあります。(だから精度が高いとも言えます)はめ込み艦船シリーズでもあればいいのになぁ。




<コメント>

投稿日:2010/09/26(Sun) 12:37 投稿者:六連星 様

頑張ってますね!v(^o^)v
この辺の組み立てでは強固に感じられるのですが、段々とガサ
が大きくなってきますと重量も増してくるので、内部骨格が
ギシギシ言う(多少ですが)ようになって来ますので油断は
禁物です(汗) 
くれぐれも「慌てず急いで正確にな」です。←急がなくても
大丈夫ですから(笑)




<コメント>

投稿日:2010/09/27(Mon)  投稿者:管理人@久保田

日誌2日目のご投稿ありがとうございます!

写真で見ても各所がちゃんとハマってる感が分かります。
多量のパーツが全部ちゃんとハマると、きっと達成感があるのではないでしょうか。
艦底部のフォルムを見ただけでもヤマトらしさを感じますが、これから徐々に組み上がっていくのが楽しみです。

| 久保田@管理人 | 15:40 | comments (x) | trackback (x) | しんしん さん |
極秘建造日誌1日目


1/350ヤマト、とりあえずこの押入れで建造開始です。
嫁さんが夜勤の間にコツコツと頑張る予定です。






イラストに味がありますねぇ!






このパーツの量は泣けます。






しかも2箱あるし〜(思わず笑いました)






マニュアル見ながら慎重にやったせいで台座完成に2時間掛かりました。それでこの時間。。。動作確認のためギミックのスイッチON!はやる気持ちでイキナリ波動砲発射です(爆)音については、、、、こんな音だった?(外部出力で聞けば違うのか?)とにかく地道に建造します。




<コメント>

投稿日:2010/09/19(Sun)  投稿者:管理人@久保田

さっそくのご投稿ありがとうございます!
楽しみにしておりました。

外箱のイラスト、良いですね。味がありますし、ヤマトの重みが感じられ、これぞ我々の世代が見て育った「ヤマト!」であります。

2時間かけての作業、お疲れさまでした!そして、イキナリの波動砲発射、良いですね〜(笑)。しんしんさんのはやるお気持ちが伝わって来て私も嬉しくなります。

それにしても凄いパーツの量ですね。どうか楽しみながら組み立ててくださいませませ。建造日誌につきましては、ご無理なさらずお時間に余裕がある時などにアップしていただけましたら、楽しみに拝見させていただきます!




<コメント>

投稿日:2010/09/20(Mon) 21:29 投稿者:六連星 様

お勤めご苦労さまです(笑)
私の時は休みの日に集中して建造作業でしたが、のべ1週間くらいの建造期間だったでしょうか。(あくまで塗装せず仮組みですので本格的に取り掛かったらどうなるかは私にも未知数ですが…)
ここでしんしんさんにアドバイスです。このプラモのウリは「接着剤無しで組み立てられます」ですが、ひとつひとつのパーツの工作精度が信じられないくらい高いのです。これがメリットでもありデメリットなのですが、一度組んだパーツをちょっともう一度外してみたいとか思うと、よほど慎重にたらないと破損してしまう恐れがありますのでご注意ください。
写真を拝見したら私ももうひとつ購入して作りたくなりました(爆)もとい、仮組みしてあるのを早く本塗装しなくてはと思いました。 ←そのために三段空母やゆきかぜで腕を磨いているのです(^^;

| 久保田@管理人 | 15:34 | comments (x) | trackback (x) | しんしん さん |
ヤマトギャラリー零 オープニング


艦長コスチューム姿の松本先生






商店街のクルーの皆さま






アナライザー(実物大?)大和ミュージアムからお引越し?したのかもです




<コメント>

投稿日:2010/09/17(Fri) 17:20 投稿者:管理人@久保田

ご投稿ありがとうございます!
松本先生のお姿は、最近はネットでも私は見かけておりませんでしたが、お変わりないようでありますね。
いつまでもお元気でこうしたイベントにお顔を出して欲しいです。




<コメント>

投稿日:2010/09/17(Fri) 17:21 投稿者:管理人@久保田

頭の羽(?)が異様に大きい気もしつつ…でも愛嬌のある姿で良いですよね、アナライザーは。




<コメント>

投稿日:2010/09/19(Sun) 00:56 投稿者:しんしん 様
私は新潟県在住ですが呉の大和ミュージアムには2度ほど足を運んでおります。しかし未だにじっくりと資料を見て回れない(小さい子供がいるとせわしいので・・・)このアナライザーは間違いなく二階にあったヤツですね。ヤマトの模型はどうなったんだろう?機会があれば「〜零」にも行ってみたいです。




<コメント>

投稿日:2010/09/20(Mon) 21:21 投稿者:六連星 様

私も4年前に大和ミュージアムで現物を拝見しています。アナライザーとヤマトの巨大カットモデルは大和ミュージアムから新居へのお引越しだそうです。

| 久保田@管理人 | 15:28 | comments (x) | trackback (x) | 空蝉 さん |
ガミラス三段空母?



メカコレクションシリーズのガミラス三段空母(第1、第2、第3空母)を三隻同時進行で製作してみました。今回は意図的にメリハリの利いた彩色にしたのですが、思った以上に派手になってしまった(笑)ので、ウェザリングも思い切りやったのですが‥それでも写真で見るとアッサリしていてイマイチな仕上がりになってしまいました(^^;;






別アングルです。






別アングルです。




<コメント>

投稿日:2010/08/03(Tue) 15:37 投稿者:管理人@久保田

六連星さん こんにちは。
ご投稿ありがとうございます!

色違いの三段空母、こう言っては失礼ですけど、なんかかわいいですね〜。
こういう彩色だったら、自分の還る艦がすぐに分かって良いですよね。
艦のフォルムにガミラスらしさがはっきりと出ているので、どんな色でも似合うと思いましたです。


追伸。私めは、1/1000ヤマトをちょこっとだけ手をつけました。

| 久保田@管理人 | 15:25 | comments (x) | trackback (x) | 六連星 さん |
1/1000の中身です


度重なる引越しで撃沈され、現在手元には完成品はないのですが、押入れにストックされたキットが再建造される日を待っています(笑)
そんなわけで1/1000ヤマトの中身はこんな感じになっています。改めて古きよき時代のヤマトのプロポーションとディテールを実によく再現しています。思っていたより部品点数も多くないので、とりあえず組んでしまえば”ヤマト”のシルエットがデスクトップで楽しめると思いますよ。




<コメント>
投稿日:2010/07/19(Mon) 17:19 投稿者:久保田

私のために(笑)画像をありがとうございました〜!
ホントに参考になりましたです!
1/350ヤマトと比べて見ると部品数が少なく見えるので、この私にもできそうな気がして来ました。

| 久保田@管理人 | 15:22 | comments (x) | trackback (x) | 六連星 さん |