Home >> ヤマトの歌い手たち インデックス > ささきいさお/Part 1

《 ささきいさお/Part 1 》

 しんがりは、『ヤマト』の歌といえばこの人。1942年5月16日生まれ。東京都出身。歌手、俳優、声優として活躍。奥さんは、声優の上田みゆきさん。

 1960年エルヴィス・プレスリーの日本語カバーにてデビュー。以後”和製プレスリー”と呼ばれる。ロカビリーブームが去った後、1972年『科学忍者隊ガッチャマン』コンドルのジョー役に声優として出演。その後、『新造人間キャシャーン』の主題歌を歌い、『宇宙戦艦ヤマト』の主題歌、『銀河鉄道999』の主題歌を経て”アニメソング界の大王”に。堀江美都子さん、水木一郎氏、大杉久美子さんらと共に”アニソン四天王”とも呼ばれ、また、子門真人氏、水木一郎氏らと共に”アニメ界の三大テノール”と評されている。

 ささきいさお氏の代表曲といえば、私にとってはやはり「宇宙戦艦ヤマト」を置いて他になく。今も昔もささきいさお氏の歌う「宇宙戦艦ヤマト」を聞くと、『ヤマト』の作品を楽しみに見続けた子供時代のワクワク感を思い出すし、最近では深みの増した歌唱に心からジ〜ンと感動すら覚えるほど。俳優としても活躍をされていらっしゃるけれど、やはり私にとってはささきいさお氏は歌手であり、『ヤマト』の歌の人。ファンの欲深い願いを聞き届けていただけるなら、この先もずっとず〜っと『ヤマト』の歌を、機会のある限り歌い続けて欲しいと願う次第。

 「宇宙戦艦ヤマト」は、作詞、阿久悠氏。作・編曲、宮川泰氏という『ヤマト』の歌のゴールデンコンビにより誕生した『1』作目の主題歌であり、その後のシリーズ作品全てを包括するほどのパワーを持っている名曲。作品が始まるオープニングに「さらば〜♪」という歌詞で始まり、運命を背負って宇宙の彼方へと飛び立つヤマトの雄姿が歌われている。「必ずここへ 帰って来ると 手をふる人に 笑顔で答え」「誰かがこれを やらねばならぬ 期待の人が 俺たちならば」の詞が印象的。

 「真赤なスカーフ」は、作詞、阿久悠氏。作・編曲、宮川泰氏。『1』のエンディングテーマ。当時のアニメソングとしては、大人びた雰囲気というか、どこか歌謡曲の雰囲気をまとっている曲で、アニメソングを意識してというよりは作品の”ロマン”を歌という形で表現しているような曲。「誰のためだと 思っているか 誰のためでも いいじゃないか みんなその気でいればいい」の詞が印象的。

 両曲とも、1974年発売の初回盤のコーラス担当は、ミュージカル・アカデミー。1978年発売の再販盤は、ロイヤル・ナイツが担当。作品が放映終了後より人気を集めた為、再度シングルを発売する際にコーラスの差し替えが行われたよう。

 ささきいさお氏が歌った『ヤマト』の歌は多いので、記事は数回に分けて掲載致します。
▽ CD ▽
▽楽天ブックスの紹介ページ
▽DMM.comのレンタル紹介ページ
▽楽天ブックスの紹介ページ