Home >> テーマ・キーワード インデックス > ヤマトのテーマ『完結編』

《 ヤマトのテーマ『完結編』 》

 「ヤマトのテーマ」のアレンジは、とうとうTVシリーズの『III』に於いてはアルバム収録がなく、最後の劇場作品『完結編』へと飛ぶ。『完結編』の音楽の特徴は、これまで宮川泰氏が一手に引き受けていた音楽に、今までピアノ奏者として「ヤマト」の音楽に参加していた羽田健太郎氏が新たに加わり、両者による音楽作りがなされた。羽田氏の参加は、「ヤマト」の音楽をよりクラシック色の濃いものへと導き、奥行きの深いドラマ性のある数々の音楽を生み出した。『完結編』のために作り出されたそれらの音楽は、生命の起源と関わるスケールの大きい作品となった『完結編』の世界観と一致し、地球人類滅亡の危機を救うために戦うヤマトの勇姿をも印象的にかつドラマチックに盛り上げた。

 「ヤマト悲愴なる出撃」は、お馴染みの「ヤマトのテーマ」から始まる『完結編』のための「ヤマトのテーマ」のアレンジ。作曲は、宮川泰氏。編曲は、羽田健太郎氏。窮地に追い込まれ、勝ち目のない状況の中、一縷の望みを賭けて出撃するヤマトの悲壮感を表している曲。明るい希望のない中での出撃の重々しさが伝わって来る素晴らしいメロディーと演奏で、暗い雰囲気の中にあるヤマトの姿を格好よく表現している。

 「ヤマト出撃」は、アクエリアスとディンギルのテーマが絡み合うように奏でられ、「ヤマトのテーマ」で締めくくられる『完結編』のストーリーのイメージを表現した曲。ディンギルの企みによりアクエリアスは短時日で地球に接近することとなり、地球は水没の危機となる。その危機を拭うためにヤマトが出撃するというストーリーの構成が上手く音楽で表現されている。1拍置いて始まる「ヤマトのテーマ」がこのうえなく格好よい。

 「宇宙戦艦ヤマト・メモリアル」は、音楽でヤマトの戦いを振り返っているメドレー曲。「無限に広がる大宇宙」のスキャットから始まり、『永遠に』『新たなる旅立ち』『さらば』(『2」)そして再び「無限に広がる大宇宙」のスキャットへと戻って来る構成。この後に『完結編』への繋ぎとして、男性コーラスによる「ファイナル・ヤマト」のテーマがしめやかに響き渡って曲が締めくくられている。

 「抜けるヤマト」は、冥王星海戦を勝ち抜き、次の戦いへ向けて気持ちを引き締めているヤマト乗組員のシーンで流れた曲。作・編曲は、羽田健太郎氏。「ヤマトのテーマ」のアレンジではないが、節目となる戦いを抜けた後の微妙な間合いを違和感なく見事に繋いでいる曲として気に入っている。ストリングスの細かな刻みと一転して優雅な旋律が美しい。
▽ CD ▽
▽楽天ブックスの紹介ページ
▽DMM.comのレンタル紹介ページ
▽楽天ブックスの紹介ページ
▽DMM.comのレンタル紹介ページ
▽楽天ブックスの紹介ページ
▽DMM.comのレンタル紹介ページ
▽楽天ブックスの紹介ページ
▽DMM.comのレンタル紹介ページ
▽楽天ブックスの紹介ページ ▽楽天ブックスの紹介ページ
▽楽天ブックスの紹介ページ ▽楽天ブックスの紹介ページ ▽楽天ブックスの紹介ページ
▽ DVD & Blu-ray ▽
▽楽天ブックスの紹介ページ
▽DMM.comのレンタル紹介ページ
▽楽天ブックスの紹介ページ